アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

アロマセラピストに資格は必要?

アロマセラピストと資格

「ねえ、資格とか持ってるの?」

これはお客様から聞かれる質問ベスト3のひとつです。

本当よく聞かれました。


昔、無免許でカリスマ美容師してた人がいましたが、
国家資格がないと開業してはいけない職種と違い、
アロマセラピストは資格がなくても開業できます。

 

「私はアロマセラピストです」

と名乗れば皆その日からアロマセラピストになれちゃう。
そんな世界なので、資格もってるのか確認したくなる
気持ちはわかりますよね。


アロマセラピストはイギリスやフランスでは、
国家資格まではいかずとも、
国に認められた仕事であります。

特にフランスは医療のシーンで使われ、
治癒力をUPさせ、治療としてアロマが
使われる側面があり、アロマセラピストの地位も日本とは違います。


ちなみに日本のアロマセラピストは
全て民間資格です。

国に認められた資格ではなく、
協会が作ったカリキュラムで勉強します。

団体によって強みが違うので、
スクール選びには頭を悩ませますね。

日本にはたくさんの協会がありますが、
自分のなりたいアロマセラピスト像を描いて、
一番近いと思う人が講師をしてる協会で
学ぶのもアリかな、と思います。

 


・・いやそうじゃなくてさ、聞きたいのは、

 

「資格が必要なくて開業できちゃうなら、
そもそも資格とるために行くスクールって必要なの?」

 

ってことですよね。
また脱線してしまいました。


結論から申しますと、
私的にはアロマセラピストに限っては、
独学より基礎知識を学ぶために
スクールに行って学んだ方が良いと思います。


トリートメントの施術メインで、開業をするなら
まずは技を身に付けることが大事なので、
飛び込みで無料研修で修行するのもアリですが、
この場合も精油の基礎知識くらいは身に付けておいた
方がいいでしょうね。

ちなみに施術メインの精油の基礎程度なら
独学でも大丈夫だと思います。


精油を扱う仕事で開業するほどの決意があるなら、
スクールで基礎をしっかりと学んで

どこかのサロンで経験積んで、

自分のお店を持つのが通常ルートでしょうね。


・・・ただ、
ここでひとつ立ち止まって
考えてもらいたいのは、

 

・本当にアロマセラピストでやっていきたいの?

・今の仕事を辞めて平気?

・お金はあるの?

・体力あるの?

 

こんな現実的な問題です。
これらをクリアした上で資格をとることを
考えて欲しいです。


私は資格をとればなれるアロマセラピストに
安易に足を入れて、体を壊したり、
店を閉める人を沢山見てきました。


なので、
本気でアロマセラピストになりたい人が
体を壊したり、
途中であきらめることのないよう、
先に現実的な問題をよ~く
考えて欲しいと思います。


スクールを選ぶためのヒントや、
資格をとる前にチェックしたいことなどなど、
またアップしますね。


まとめ

 

・アロマセラピストは資格がなくても開業できる。

 

・アロマセラピストは民間資格なので、
スクール選びは重要。

 

・開業するならスクール行って
精油の基礎知識をしっかりと学んだほうがいい。

 

・施術メインで精油に興味がない場合は、無料研修もアリ。
但し、無料研修はハードですぞ。

 

・スクールに通う前に、自分の覚悟を再確認する。