アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

アロマセラピストの就職事情

今日はアロマセラピストの就職事情について

お話したいと思います。

 

 

アロマセラピーを学べる学校を卒業して資格をGETした後、

さてどんな場所で仕事をするか、一人暮らしの場合は特に

生活にも関わってきますので死活問題です。

 

学校によっては、資格取得後にそのまま提携してるサロンに

配属するスクールもありますが、そういった道がない場合は

当然ながら自分で探さないといけません。

 

果たして、アロマセラピーを伝える仕事がしたいのか、

アロマトリートメントを施術する仕事がしたいのか、

そこが一つ目の分かれ目です。

 

アロマセラピーを伝える仕事は、

・店舗型の精油やハーブを取り扱うショップ。

・教室を持って講師業。

 

アロマトリートメントを施す仕事なら、

・大手のサロン

・個人型サロン

・出張サロン

・自分で開業

 

などが一般的でしょうか。

 

店舗型のショップや大手サロンなどは

常に人が足りない状況が多いので、比較的

就職は決まりやすいと思います。

 

一方講師業や個人サロンは、少人数で既に人員が足りてる

場合があるうえに狭き門なので、コネを使ったり、

実務経験を積んでからトライした方が無難かもしれません。

 

大手サロンは集客できている店舗に配属されれば、

技術向上に役立ちます。

業務委託で(正社員でも)薄給の場合が多く、給与面では

不安定なケースが多いです。先輩から接客や技術を学ぶ、

会社からビジネスノウハウを盗み、

修行する気持ちで飛び込むといいかもしれません。

 

個人サロンはオーナーによって偏りがあります。

言い方悪いですが当たりはずれも多いです。

お客さんとして受けに行ったり、色んな話を聞いてから

決めるのもアリかと思います。

 

最後に出張型アロマセラピストですが、これは特殊です。

私も半年ほど経験しましたが、かなりディープで大変です。

スクールを出て出張アロマセラピストになるとかは

やめた方がいいです!

ちなみに歩合制で簡単に就職できますが、続く人がいません。。

出張型アロマセラピストについては、また今度詳しくお話しますが、

アロマセラピストに描く夢をぶち壊すだけですので、

選択肢にいれなくていいと思います。

 

 

ちなみに、私は大手サロンの研修を受けたのが始まりで、

そこからは研修⇒店舗、研修⇒店舗で色んな技術を

学ばさせて頂きました。そんな感じで8年位してから

IFAを取得し、また新たに自分で就職先を見つけました。

 

途中個人サロンも経験しましたが、未経験の人はいなかったです。

 

アロマセラピストというと、

「おうちでプチ開業」

「週末サロン」

なんておされで簡単にサロンを持てそうな

イメージがありますが、皆さんどこかのお店で何年か

働いてから開業してるのではないでしょうか?

 

人に触れる仕事でお金をもらってる以上、

色んな方の体を触って、自分の技を磨くことが

やっぱり大事です。

 

いくらアロマセラピーの歴史や成分など

詳しい知識が豊富でも、手が覚えなければ

お金をもらってはいけないと思うのです。

 

まとめ

 

 

アロマセラピストの就職事情は、、

 

アロマセラピーを伝えるか、施すかによって別れる就職先

・大手なら比較的簡単に就職できる(続くかが問題)

・大手なら業務委託、正社員、個人はアルバイト、歩合制で

どこも給与面は期待できないので、技を磨くことに集中する

・個人サロンは経験者優遇

・出張型は選んじゃダメ!

・スクール卒業生がすぐサロンを開くのはかなり無謀!