アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

アロマセラピストの仕事内容 ~アロマクラフト教室の講師~

こんにちは。

相変わらずの独り言ブログですが、
どなたかのお役に立つことを願って
今日もポツリと更新します^^


さて、本日は
アロマセラピストの仕事内容 第2弾。


自分の家で精油を使ったスプレーや
香水、ジェル、キャンドル作りを教えたい!
という方のご参考になればいいなと思います。


私が経験をしたのは、

・店舗で少人数(2~3人)で行うアロマクラフトの講師

・小学校でお母さん向け(30人位)のアロマスプレーの講師

です。


店舗の少人数レッスンでは、
精油やハーブを販売する店舗で予約制で
少人数向けに精油ハーブティーを使った
アロマクラフト作りをしました。

集客効果を見込むためと、
お店のファン作りを目的に始めたレッスンでしたが、
私自身初めての経験なので、
とても勉強になり楽しかったです。


アロマスプレーはとても簡単で気軽にできますが、
マッサージオイルやハンドクリームとなると
直接手に触れますので、ベースオイルや
商材の深い知識が必要です。


乳液など化粧品に近くなると顔につけるので
更に深い知識が必要ですし、
慎重に行わないといけません。

塗布が必要なクラフト作りとなると
商材の知識、肌の知識が必要なので
個人で行うのはリスクがあるかもしれないですね。

 

簡単なクラフト作りは誰でも参加しやすく
時間もかからないですし、
精油の深い知識も必要ないと思います。

なので、季節ごとに店舗でちょっとした
イベントでやる分には向いてます!


お子さん向け、女性向け、男性向け、
お母さん向け、シニア向けと
アロマスプレー1つでも
精油によって対象は大きく変わるので
レッスン内容に困ることはないと思います。

 

★お手軽なレッスン

 ・アロマスプレー(花粉症、リラックス目的)

・キャンドル

・アロママスク

・キッチン、掃除クラフト

サシェ

・スティックアロマ

 

 

★★ちょっと知識が必要

・石鹸

・バスボム

バスソルト

・湿布

・マッサージオイル

・ハンドクリーム

 


★★★専門知識が必要

 

・基礎化粧品作り

・フェイスパック

・リップクリーム

・クレンジング

・日焼け止めクリーム

 

もっとたくさんありますが、
ざっくりとこんな感じでしょうか。

 

レベルの高いアロマクラフト講師に向いてるのは、、


・自然派化粧品が好きな方

・皮膚の悩みがある方

・繊細な作業が得意な方


化粧品作りは肌に触れるので、
慎重な方が向いてます。


おおざっぱ、

適当、

何とかなる、、

まあいいか、、、


そんなタイプは止めた方がいいかな、、

(あたしか。)

 

 

↓お帰りついでに踏んでいってください^^


アロマセラピスト ブログランキングへ