アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

怪しいアロマセラピスト

こんにちは。

今日もぶつぶつ呟いていきやしょう!


「アロマセラピスト」と聞くと、
何やら怪しい雰囲気を感じる事はありませんか?


私はこの業界が好きですが、
中にはスピリチュアル的なイメージが強すぎて、
敬遠する方もいるかもしれません。


そう思わせる理由として、

『エネルギー』

『気の流れ』

『邪気』

など怪しさを連想させる言葉が
使われる事があるからだと思います。


トリートメントをしていると、
実際に、気の流れを切る、気の流れに飲まれない、
邪気を払う、という言葉が使われます。


やってる本人は大して不思議に思わなくても、
傍からみたらちょっとヤベー奴、
て感じるかもしれないですね。

それでもこの辺はまだまだで、
エネルギーワークにはまると、

「いつ高い数珠とか買ってくるんだよ」

と家族は不安に思うのではないでしょうか。


「この子はどこぞの宗教にハマってるのか」

「お母さんは宇宙に行ってしまった」

と感じるかもしれない。


これ、嫌ですよね。
私も友達がそうなったら怖いです。

 

私の場合は、
経絡とか経穴とかその辺を少し勉強したので、
こうした言葉にひどい嫌悪感はありませんが、
初めて触れる人や、家族や身近な人が急に
目覚めたら心配する事もあると思います。

 

私の知ってる範囲は狭いかもしれませんが、
知り合いで宗教的にハマってる人は
いません。


アロマセラピストでも色々タイプがあって、
周りの人は結構サバサバしてて、
現実世界を良く分かってる人ばかりです。


中には摩訶不思議な事を平然と言う人もいますが、
私は私、あなたはあなたという線引きを
しっかりしてくれます。
(私がスピリチュアル的なものがあまり
好きではないからかもしれないですが・・)


世の中には不思議な事もあるし、
私には理解できないこともあるのは承知してます。


興味を持てば足を突っ込んでみるのもアリですが、
そうでないなら、きっぱりと
「私は興味ない」というスタイルを貫く事が大事です。

そうすれば、結構すんなり
「あ、そ。」
となり、距離をあけてくれます。


気をつけなきゃいけない人は、


「私が何かをしてあげる」

「これを知った方があなたが幸せになれる」

「こんな素晴らしい事知らないの?」

「良いエネルギー注入してあげる」

 

なんて真顔で言う人達ですかね。


これ、要注意です。


ちなみに私が言われた時、
まじでサブイボ止まらなかったです。


まあ、一言で言えば余計なお世話ですよね。

興味がないのにこんなこと言われても、
眉間のシワが増えるだけです。

よく知らない人にエネルギー注入されるなら、
金払って猪木さんに闘魂注入されたほうが良い。


陶酔してるタイプの人が
こんなふざけたことを言いますが、
真面目に聞かない方がいいと思います。

 

アロマセラピーと一口に言っても、
入口からどう転がるかはわかりません。

 

急に友達がうっとりした目で
こんな話をしだしたら、心配してあげてください。


一応言っておきますが、
アロマセラピーは怪しいものではないです。


高額な物も買わせないし、
宗教的な教えもありません。


中には、
月の満ち欠けや占いを交えるアロマセラピーもあります。

これもアロマセラピーの不思議な世界。

勉強すると面白いし、私は怪しく感じません。

 

この世界が初めてでも、
長く身を置いても、
いずれにしてもどう見極めるかは自分です。


自分の気持ちと足元がしっかりしてないと、
アロマセラピー云々の前に、
駅前で高い絵を買わされる羽目になるかもしれませんし。


人の話を鵜呑みにしない、
自分自身の厚いフィルターを持つ事が
大事なのかもしれないですね。

 

私の出会った怪しいアロマセラピストはこちら↓

aromayomoyama.hatenadiary.jp

aromayomoyama.hatenadiary.jp

 

 

 

↓お帰りついでに踏んでいってください^^


アロマセラピスト ブログランキングへ