アロマ業界 よもやま話

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

アロマセラピストの仕事内容~リフレクソロジスト~

f:id:tentsuma:20160606154549j:plain

 

こんにちは。

梅雨入りしたそうですねー。

今年こそは底に小さく穴の空いてる長靴を葬り、
新調したいと思います。

見えないから良いという問題ではないですからね。

靴履いてるのに左足ビチャビチャですから。


こんなどうでも良い話は置いておきましょう。

 


さて、

本日はアロマセラピストのお仕事内容についてのお話です。


アロマセラピストには色んな仕事内容がありますが、
今日はリフレクソロジーについて書いてみようと思います。


とその前に、そもそもリフレってアロマセラピーに入るの?

なんて疑問がわきませんか?

確かにリフレは香りが主役ではありませんよね。。

でも、セラピストとしては立派なお仕事の1つなので、
体験談を含めてどんな内容なのかお話したいと思います。

 
リフレクソロジストのお仕事内容


すごく簡単に説明すると、
リフレクソロジーとは足裏健康法の一つです。


足裏には全身の反射区と呼ばれるツボのようなものがあり、
それらは体全身に関連していると考えられています。

決まったポイントを刺激することで、
身体全身の疲労回復、
健康増進に役立つのです。

主にクリームやオイルを塗り、
指の関節や腹を使って滑らせたり
押す事で刺激を与えていきます。


「ちょっと痛い、でも気持ちいい♪」

心地よく感じる絶妙な強さで刺激をすることで
リラックス効果を与える事ができるのでストレス解消にも効果的です。


多くのサロンでは施術を行う前に
フットバスという足浴を行います。


クライアントのお好きな香りを提案し、
精油を足浴のお湯に垂らすだけで足元から香りを楽しめ、
アロマセラピーのリラックス効果を得る事ができます。

リフレクソロジーの場合は全身アロマトリートメントに比べると
20分コースなど短いコースが多く時間勝負の部分もありますので、
悠長に精油を選んで~なんて行うサロンは少ないかもしれないです。)

 

足浴が終わりましたら拭き取りをして、
施術スタートです。

 
リフレクソロジストの施術以外の仕事

 
・足浴
(足浴がないお店は消毒のみ行います)

フットバスを行う事で、冷たい足先が温まり血行が良くなりますし、

お客様のリラックス効果を高めます。

また、衛生的にも◎です。

 

まず、フットバスに適温のお湯を入れ足浴を行います。

 

お店によっては足浴の際に
抗菌作用の高いティートリーなど決められた精油
使用するところも多いので精油の知識は
必要ないかもしれないです。


足浴を行ったら拭き取りです。


これ、簡単そうでコツが必要な工程でした。


群を抜いて不器用な自分だからかもしれないですが、
お客様の足を素早く綺麗に拭き取るのに
苦労しました。(汗)

 


・おしぼりを作る。

あらかじめ拭き取り用のおしぼりを作って、
タオルウォーマーに入れて温めておきます。

 

 

・施術後おしぼりで拭き取る。


じんわりと温めつつ、素早くてきぱき行うのが拭き取りのコツ。


とか言いつつ、私は拭き取り作業が不得意なので
これも結構トロいんです。。


タオルさばきは結構重要だと思ってます。


施術がいくら丁寧でも最後のタオル拭き取りで
ガツガツ雑に扱われたら最後の印象が
悪く終わりませんか?


丁寧にやり過ぎてもタオルは着々と冷たく冷めるし、

早くやると雑になりがち、、


温かいうちに、かつ迅速に・・
これがやってみると案外難しいんですよね。

 
・通常のサロンワーク

お会計や掃除、DM作りなどなど。

 

 

リフレクソロジストはどんな人が向いてるか

 
これは私個人の偏った意見なのですが、

まず、

・手が温かい人

・体重を乗せるセンスがある人

・指関節が柔らかい人

・手がフカフカした感触の人


これね、
私はほぼ当てはまってませんでした(^O^)/


冷え性で指先は氷のように冷たく、
マッサージに必要な体重乗せの技が身につかず、
指は曲がらず常に垂直、
指が細くて手全体が硬い・・


YOU、諦めちゃいなよ、てくらいのレベルでした。


でも、
そんな私でもごく稀に、

「tentsumaさんの指って針みたいに刺さるから
気持ちいいわあああぁ」

なんてうっとり言ってくださるドMの天使様に
出逢う訳です。


ただそれだけなんですけど、
本当に嬉しくて2年は続けられましたね。

単純なもんです。


向いてるか向いてないかで言えば、
私の手は向いてません。


でも、クライアントと毎日お話するのは
本当に楽しかったし足裏を触る事も抵抗なかったです。


そんなことを踏まえると、、

次項に続きます↓


リフレクソロジストに向いてない人

リフレクソロジストに向いてないタイプって

どんな人だろうと考えると、、


潔癖症

・対人恐怖症

・理想が高い


これも相当偏った見方になりスミマセン。。


まんず基本のきですが、リフレクソロジーは足裏を触ります。

 

フットバスがないサロンの場合、
散々歩き回った靴をたった今脱いで
湯気がでそうな状態でスタートするわけです。

 

特に夏ともなれば匂いは二割増し。。

 

「こんなに香ばしい匂いを醸し出して
どれだけ歩いて頑張ってきたんだ・・お疲れさまっす!」

 

慣れてくるとこんな気持ちになりますが、
最初は香しい匂いに驚くかもしれないです。


スクールや研修では女性の綺麗な足裏で
練習してばかりいますから、
現実との差にムムムなる可能性は大です。

 

だから、理想を高く持ちすぎないようにしましょう。


足の指には水虫らしきものがあり、
それを指摘してもお客様は認めず怒り出す始末、、

そんな事態に陥っても気にしなーい。


爪に黒くて摩訶不思議なものが挟まってても
気にしちゃだめです。

見ない見ない。


神経質になっては務まらないけど、
細やかな気配りは必要なのが
リフレクソロジストです。

 

ちなみに全く関係ない話ですが、
私はリフレ大好きです。

あ、
リフレを受けるのが大好きです。


特に英国式が最高ですね、たまりません。


強く押されるのが苦手なので、
優しくサムウォーク(親指をウネウネと滑らす手技)
されるとゾゾゾと悶絶して喜びます。


リフレは施術をするよりもしてもらう方が断然好きです!

 

こんな終わり方でいいのか?

 

 

↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ