アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

どんなアロマセラピストになりたい?~スクール決め~

アロマセラピストの方向性

f:id:tentsuma:20160610161307j:plain

こんにちはー。

昨日のジメ感が嘘のように快晴、、

暑さが苦手なナメクジ体質の私、眩しいよ・・。


梅雨の晴れ間は勿体ないので、
洗濯物と一緒に野菜を干してうまい煮物でも作りまひょ。

 

さて、
今日もアロマセラピストの方向性についてです。

何とか極めるジャンルを絞っていただいたお次は、
さーてどこのスクールにしよっかな、
て話になると思います。


マニアックなジャンルはスクールも限られてますが、
大きな団体の認定校は沢山あって
金額も違うし目移りしちゃいますよね。。


スクール選びでざっくり気になるポイントは、

★通いやすい場所

★値段

★内容

とかになるんですかね?


交通費もかかるから通いやすい方がいいし、
お財布事情を考えるとできるだけ安いほうがいいし、
勿論内容も充実してほしいし。。


こう並べるとなんか余計迷いそうですが。。


私がIFA認定校を選んだ理由(長いです)

 
ちなみに私の場合は家近が最条件でした(単純か)

そんな感じで探してたら運よくバスで15分くらいの所に見つけたんです。

ただ、不安材料としてすごく小規模なスクールだったんです。


数年分の大事な貯金を投資するんですもん。
こう言っちゃなんですが小規模だと講師に当たり外れがありそうで、
家近だけでは決められない!と思いました。


HPをみても相場と調べると大差ないし、
遠くまでわざわざ通う労力と交通費を考えたら
大して変わらないよね、とか思ったり。

グラグラ揺れまくりました。。


それで、私は思ったわけです。
スクールの先生のトリートメントを受けてみようと。

「自分の体で決めよう」ってなったんです(投げやりか)

 

か、考えるのが面倒になったわけじゃないですよ。
べべ別に、えいっ!てなったわけじゃないですよ。

ほら、セラピストって感性とか大事だし、、
直感とか大事だしね、、


・・・・いや、すみません、きれいごと言いました。

本当に面倒だったんですよ(こら)


ただ単純に先生のトリートメントを受けて
「この人から学びたい」と思ったらココにしようと思っただけです。


IFAは約1年半スクールに通います。かっこよく言えば、

自分が師と思える人に学ばなければ続かないなと思いました。


ほいで、
実際に先生、というか校長先生のトリートメント(一般客として受けました)を受けた感想はというと、、

 

・・不思議(^O^)/(先生ごめん)


60分コースでしたがコンサルはさすが先生という感じでした。

でも、極寒の2月に部屋は寒いし先生の手も冷たくて、
冷え冷えの部屋に氷のような手ですから前半はリラックスできず。

元々冷え性の私は寒がりなので、
ヒートマットつけても足先は冷えまくりで眠れるわけもなく苦行でした。

すごい上から目線のいやな言い方ですが、
環境のせいか施術内容は普通レベルに感じました。

前半はこんな感じで普通に過ぎていきました。

 

こんな状態だったのに私はその後1年半ココに通う事になるんですから
不思議ですよね。


何が決め手だったのか??

私の心を動かした決め手は、

後半の、、

●不思議体験

●人柄

●好奇心をくすぐられた

この3つでした。


まんず、60分コースの前半30分はうつ伏せの極寒施術に
ぶるぶる震えてました。

その地点では、


心の声「はい、消えたー。次どこ受けにいこ」(寒い早く帰りたい)


大逆転の施術はココからです。


劣勢状況でスタートしたあおむけ後半30分。まあ変わらず寒いです。
施術の流れも何となくわかるし目はギンギンに覚めてました。

・・そう、覚めてたはずなんですけどね、、

 

気付くと落ちてるんです。

本当にふと意識を失う感じ。


私「気のせいか」→目を開ける

数秒後・・落ちる。


私「?」→再び目を開ける

数秒後・・落ちる。

 

これを何度も繰り返します。

 

怖い怖い、なにこれぇええええぇ(;´∀`)

目を開けても気付いたらつぶってるんです。

 

これは初体験でした。

アロマセラピスト歴7年くらいで初めてです。

というか、私は元々施術中に寝れない質なんですよ。
特に寒かったら寝れないはずなんです。

寒くて眠くなるのは遭難した時くらいでしょ?

冬は足元が冷えると中々寝つけないじゃないですか。

 

ナンダヨこれーー(;´∀`) て感じ。


ほいで、不思議体験はまだ続きがありまして、
次は、

喉が熱いんですよ。


じわじわ熱い、明らかに引っ張られてる感覚。
何とも表現しがたいが喉の奥を何かに引っ張られてるんです。


なんだかよく分からない。変な感じ。。。


この時さっきの落ちる感覚もなく意識ははっきりしてました。


もうね、気持ち悪いでしょ。


私そういうの嫌いってゆうか、
未体験だから拒否反応ってゆうかね。


普通のアロマトリートメント受けにきたのにさ、
何してんのさみたいな感じでしたよ。


その不思議体験が終わって何を言われるかと思ったら、

校長一言。

「喉が詰まってたから開いときましたよ」

だって。それだけ。終わり。


えええええぇぇ(;´∀`)

私の秘密の扉を開いておいて(閉じてる意味もわからない)

それだけ??そもそも何さ、開くとか閉じるとかさ!!

そういうのやる人ってもっと色々言うんじゃないの?

あなたのエネルギーがどうとか説明してこっちの好奇心くすぐってさ、
あわよくばスクールに引っ張ろうとかさ。。


本当に無欲な感じのさっぱりした言い方で拍子抜けしました。


私「・・・。あの初めての体験だったんですがあれは何ですか」


校長「あぁそうですか。~~ゴニョゴニョ~~」

なんで喉が詰まるのか簡単に説明してたけどあんま覚えてません(こら)
まあ、あっさりしたもんでしたね。


道で落とし物拾って、
はい拾っておきましたよ、的なあっさり感。

 

私は別にエネルギーワークに興味があった訳でもないし、
その後別に学ぶわけでもなかったんですが、
これはスクールを決める決定打になりました。


「この先生面白い」

精油のブレンドが面白い」
↑しっかりコンサルして5種類の珍しいブレンドをしてくれた

「信頼できそう」

これで100万くらいの講座費ポン!ですよ。

 

・・長くなってしまいました。

私の場合は特殊かもしれないですが、
選ぶポイントの一つに学ぶ先生の人柄
入れるのも大事だと思います。


ただ知識があるだけの人なんて沢山いるわけで、
その中でも自分にない事知っていたり、
信頼できる人を探すのにトリートメントを受けるのはおススメです。


あなたがアロマセラピストになりたいなら、
まずは学ぶ人の手を体験してみてはいかがでしょうか?

 

詳しいスクール情報を聞くよりよっぽど決定打をくれますよ、うふふ。

 

 

↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ