アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

私がIFAのスクールを選んだ理由

IFAアロマセラピストについて

f:id:tentsuma:20151014103108j:plain

今週もYAWARAに夢中のtentsumaです、こんにちは。

 

さて、唐突にあなたにご質問です。

 

たくさんあるアロマセラピーの資格の中で
今あなたが一番興味がある資格は何ですか?

 

興味のあるトリートメント技術とは違い、
アロマセラピーの資格、、といっても
どれも似たりよったりでどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。


ちなみに私の場合は、

未経験

会社の研修でリフレやボディケアの基礎を習得

数年後に仕事しつつIFAのスクールに通う

というルートで辿りつきました。


自分の興味がトリートメント技術から、
アロマセラピーに移っていった結果こういった道のりになりましたが、
IFAをずっと取りたかったわけではありません。


むしろ、以前は民間の資格に興味がないほうでした。

スクールに通ったからって何、という感じで
ぶっちゃけスクール否定派だったんです。


私の中ではセラピスト=トリートメントをするセラピストだったので、
精油の素晴らしさとか面白さとか、
お金をかけて勉強するほどではないという認識でいたんです。


ほら、
毎日の生活と税金払うだけでひーひー言ってましたからね。。

 

何の話でしたっけ。


そう、そんな自分がIFAに行きついた理由。

それは、

 

●歴史が古く本格的なアロマセラピー
基礎から学べる

●IFAセラピストに国際的に
活躍してる人が多かった

●簡単に手を出せる資格ではない


という感じです。


その頃の私の知識なんてこの程度です。

IFAはお金も時間もかかるし、
カリキュラムも厳しいのが特徴です。

仕事しながらで不安だらけでしたが、どうしても
本気でアロマを勉強したい人」が取る資格が欲しかったんです。


アロマセラピーというと、
日本での認識は「癒し」であり「趣味」範囲です。


医療面で活躍するような諸外国のアロマセラピストとは違い、
資格をとったところで誰が分かる訳でもない日本の現実。

お客様にもきっと違いなんてわからないと思います。


けれど、確かにIFAで勉強した人たちが
海外に沢山いて活躍をしている、
それがとても格好良く思えたし魅力的でした。


お金、時間、厳しい部分を数えても仕方ない。

自分のセラピスト人生を彩る基盤になる勉強が出来るなら、
貧乏一人暮らしでもIFAに挑戦しようじゃないか!と思ったのです。

 

人生行き当たりばったりの女、

そんな波に乗って、IFA入学を決めたのでした。

 

まとめ

 

 私がIFAを取ろうと思った理由は、


●歴史が古いので本格的なアロマセラピーを基礎から学べる

●国際的に活躍してる人で取得してる人が多かった

●簡単に手を出せる資格ではない


本気でアロマセラピーを勉強したい!と思った時に
一番心にガツンと来た資格だったから、です。


私はたまたまIFAにガツンときましたが、
協会の色はそれぞれなので他の協会の資格を否定するつもりは
毛頭ありません。


友人がAEAJのアロマセラピストを取得しましたが、彼女はファンの多いとても素敵なアロマセラピストです。

 

資格はあくまでも名刺程度、
スタート地点に立ったに過ぎません。

 

 

ランキングに参加しています。↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ