アロマ業界 よもやま話

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

IFAスクール卒業後は就職か独立か

f:id:tentsuma:20151027194347j:plain

こんにちは。

昼間は暑く、寝る時は涼しいという最高の季節、梅雨。
梅雨明けしないでくれーと心底思うtentsumaです。


さて、今日は前回前々回との(勝手に)シリーズ最終章です。

↓前回の前々回の記事はこちら。

私がIFAのスクールを選んだ理由 - アロマ業界 よもやま話

IFA資格取得への道のり♪ - アロマ業界 よもやま話

 

必死になって資格を取った後、、就職先があるのか、ないのか、、
自分で見つけるのか、はたまたスクールに紹介してもらえるのか、
実際どうなのでしょうか。


私が通っていた教室は、看護師が2人、セラピストが2人、OLが1人、事務が1人という6人グループでした。

 

このように小さい規模のスクールは
卒業しただけ、というケースもいっぱいあり、スクールから紹介されて
就職した人はいません。

 

そう考えると我が卒業後の就職率は0%という事ですね(*´▽`*)


といっても、私の同期の場合は
ほとんどの方が他に本業の仕事をされており、
アロマセラピスト1本で仕事をしようという気持ちは
元々そこまで強くないようでした。


あくまでスキルアップ
あくまで可能性を広げる選択肢が1つ増えただけ、
というスタンスを感じました。


・・なので、
卒業後の就職先とかにこだわりもなく、

「どこか良い所ありますか?」

なんて聞いてガツガツしてたのは私くらいです(;´∀`)

 

卒業後の就職については、
スクールにより大きく異なります。


卒業後の独立支援コースとして、
経営について学べるスクールもありますし、
規模の大きいスクールとなれば卒業生の数も多く、
就職先の範囲も広がります。


ちょっと脱線しますが、IFAを取る人の中には精油にこだわりが強すぎて卒業後にサロンでがむしゃらに働く事を嫌がる人もいます。


確かに精油のコンサルができるサロンは少ないので、
折角勉強した知識を生かす場所がなくて
つまらないと感じるかもしれません。


ですが、トリートメントを施すのをメインに
自分の手一本で独立を目指すのなら、一度はサロンに身を置いて
トリートメントの技術を磨くのはいい方法だと思います。


頭でっかちに精油の知識ばかりあったところで
お客様はそんな話を聞きたいでしょうか。


ぶっちゃけ、うんちくをダラダラ聞かされたとこで
「はぁ・・」て感じになりませんか。


お金を払って技術を受けるのなら、
多くの人を担当して色んなパターンに対応できる人の方が断然いいし、
精油にいくら詳しい所で、
体重をかけずに自分の手の力だけでトリートメントを
する人は気持ちよくないのでリピートには繋がらないでしょう。


本来、
トリートメントをするセラピストは職人なんです。


毎日毎日いろんな体の人を触って、
経験してレベルが上がります。


鬼のような症例数でレポートをこなしたとこで、
だから何、って感じなんですよ。


IFAの資格を持っていなくても、
1000人の施術を経験したセラピストに
お金を払いたくなるのは当然。

そっちの方が断然上手なんですから!!

お客様はそんなにバカではありません。


IFAを取るまでに本気でアロマセラピー
勉強をしたいと思う熱量があるのなら、
その情熱を抱えてサロン独立宣言する前に、
ボランティアでもいいので沢山の人を触って
経験をした方がいいと思います。

 

立派なホームページを作る時間があるなら、
1人でも多く施術をするほうが
よっぽど開店準備になりますよ。

 

あくまでもこれは、
トリートメントをするアロマセラピストに関する考えです。


教室を開いてアロマセラピーを教える講師業に
情熱を向ける方には該当しませんので誤解なさらぬよう。


まとめ


卒業後に就職先を紹介してもらうなら、

●協会など規模の大きいスクール

●卒業生の多いスクール

だと比較的斡旋率が高い。


トリートメントサロンで独立を目指すのなら、
施術経験を積む。

ボランティアでもいいのでひたすら積む。

 

 

ランキングに参加しています。↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ