アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

役に立たないポエム

f:id:tentsuma:20150907224123j:plain

こんにちは。

あたくしごとですが、今日は30分しか時間がありません。

時間に迫られているのでいつもに増して乱雑で
とっ散らかる内容になる事を先に謝ります。

・・さーせん。


そのうえ今日は何の役にもたたないポエムですので
後々消すかもしれません。


なら公開せずに手帳にでも書いとけと言う感じですが、
そこは、まあ、いいじゃないですか、ねえ。。


唐突ですが、
私は一人暮らしのアロマセラピストを特に応援しています。


自分もずっとそうだったので、
何となくですが生活がどんなもんかわかるのもあり、
応援したくなるのです。


応援したいとか言うと
すごい上目線でお前何様だって感じがしますが。。


私は今も余裕のある生活をしてません。

でも1人暮らしの時に比べれば危機感のない普通の生活をしてます。


専業アロマセラピストだった時は、常に余裕などなくていつもカツカツでした。


ていうのもそれは私がただの無計画女だったからで、
同業の人が皆そうだったかっていうと別にそんな事などなく、
一人暮らしでも普通に暮らしてる人もいましたし、ほとんどが既婚か実家暮らしの人ばかりで本当に羨ましかった記憶があります。


誰かの作ったご飯を食べたり、
誰かのご飯を作ったり、
風邪をひけば看病してもらえたり、
ゴキブリが出たら退治してくれたり、
家賃や税金の支払いを気になくて済む、、

みんなが羨ましくて、羨ましくてたまらなかったんです。

 

まーでも実際に久しぶりに実家に1週間も帰れば
1人暮らしの気ままな生活に戻りたくなるという、
何ともワガママな性格で、結局のところどちらも良い側面と悪い側面があり、実家暮らしはそれもまた苦労があるわけで、ないものねだりですかね。


それでも、今も
たま~にあの時の気持ちを思い出すのです。

 

1人の夜、

私はどんなアロマセラピストになりたいのか。

これからどうやって生きていこうか。

もう実家に帰ろうか。


そんなことをぐるぐると
網戸越しにゴキブリだらけの狭いベランダを
見ながらずっとずっと考えていました。

 

不安だらけの毎日を過ごしていたので、
1人暮らしで頑張っているアロマセラピストの方が
これを読んで少しでも息抜きになれば
こんな腐れブログでも書いてるかいがあるなと思います。

 

いつか本当にそんな意義のあるブログを発信したいと思います。

 

 

 

ランキングに参加しています。↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ