アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

怪しいアロマセラピスト その3

f:id:tentsuma:20160610161307j:plain

 

こんにちは。

↓前回の続きです。

怪しいアロマセラピスト その2 - アロマ業界 よもやま話


さてさて、
何やかんやで個性のあるオーナーは面白かったんですが、
こっち(の世界へ)来いよ的な雰囲気に居心地の悪さを感じ、
週1のヘルプを辞める事にしました。


結局4回くらいしか行かなくて、
せいぜい1か月くらいのお付き合いでした。         

ですが、撤退を告げるとオーナーは驚きとてもショックを受けていて、ちょびっと申し訳ない気持ちを持ちつつ、お別れの日になりました。

 

私「お役に立てず、すみませんでした」

 

オーナー「そうですね、残念です。tentsumaさんとは色々お話をしたかったのだけど、、良いエネルギーを持ってるとね、、あれでこれで、、」

 

と、急にエネルギー話に突入しました。


そして、話の途中でおもむろに店に置いてあるぬいぐるみを手に取り、
なぜか私の肩へ乗せるという行動に。


そのぬいぐるみは八景島シーパラとかで売ってそうな
でかめのイルカちゃんだったのです。

 

オーナー「この子は大きいからいいと思うわ」

と、何やら納得したご様子でエネルギートークは続き、、


乗せて暫く経つと、

イルカちゃんを肩から降ろし、


オーナー
「ね、肩軽くなったでしょ」(きりっ)


とキメ顔で一言。



「・・・・・・・・。」(白目)

 

でかいイルカちゃんにエネルギーを注入してるので、
肩に乗せたらイルカちゃんが私の悪い気を吸ってくれて、


「軽くなったでしょ」(きりっ)


的な事だそうです。


ええ、そんな感じでね、、

本当になんていうか・・・・・・。

 

イルカちゃんはお疲れ気味だったのでしょう。

私の慢性肩凝りはずっしり重いまま。

 

てゆうか慢性肩凝りじゃなくて不幸を吸い取ってくれようとしたのか。 

私の不幸フェイスを見兼ねてサービス的にやってくれたのか。。

イルカちゃんに私の慢性肩凝り(もしくは不幸)がうつったかは未だに謎のままです。


嗚呼、出来る事なら私の中にいる性悪な黒い悪魔を
外にズルズル引っぱり出して天使ちゃんでも注入して欲しかった。 

私の悪魔の方がずうずうしくてダメだったのか、

あたしは今日も性悪です(きっぱり)

 

 

結局何の話をしてたっけ。


そう、怪しいセラピストのお話でした。


怪しいかは自分の見方ですし、
お金をふんだくったり、教祖様と呼ばれてだましてるわけでもないので
悪い事ではないと思います。(好き放題言っておいて今更、、)


ですが、
自分を特別な人間と思い込み、

「何かをしてあげてる」

精神が強いのはアロマセラピストとしていかがなものか。


と、
自分を棚にあげて性悪が申しております。げへへ。


人は人、傍観する分には面白いんですが。


こういう人に気をつけてください的な話でもなく、オチもなく、、   何の役にもたたないお話でスミマセンです。

 

 

ランキングに参加しています。↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ