アロマ業界 よもやま話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ業界 よもやま話

10年間癒し業界にいたIFA認定アロマセラピスト。たまに口悪いです。

男性アロマセラピストの未来

f:id:tentsuma:20150918231659j:plain

おひさしぶりーふです。


梅雨が明けて、蝉がワンワン鳴き出して、
お盆を通り過ぎたらもう残暑、、

夏の短さに少しばかり切なさを感じております。


さて、
突然ですが、
あなたの周りに男性アロマセラピストはいますか?


アロマセラピストというと、
まず女性が頭に浮かぶかもしれませんが、
男性のアロマセラピストさんも存在します。


私の身近な所で言えば、10年程前にロミロミのお店に居た時も
同僚に男性がいました。

彼は鍼灸師であり、
ロミロミを施術するアロマセラピストでもありました。

細身の体、中性的な雰囲気、
柔らかい空気が印象的でした。


さらに、
その前に働いてたところにも男性セラピストがいましたが、
そこはアロマセラピーがメインではなく
リフレクソロジーやボディケアもしていたせいか、
彼はどちらかというと体育会系のゴツゴツ感たっぷりの人でした。

 

このように、服を着て施術をするカイロプラクティック
マッサージ、整体などは男性色が強い気がします。

これは、施術にある程度力が必要というのもあるし、
独立して自分でお店を持ちたいなど、
未来のイメージがつきやすいからではないでしょうか。

 

そこで気になるのが、
アロマ業界にいる男性はぶっちゃけどうなのか、という事。


独立して生活できるの?

お客様がついてくれるの?


不安要素が多すぎて、気になってもセラピストを目指すところまでは  行きつかないかもしれません。


現状、男性アロマセラピストはまだまだ数少なくて
認知度も低いので、大変な道のりだと思います。

 

ですが、男性でも、
アロマセラピーの素晴らしさを人に伝えたい!
アロマトリートメントが好き!という方は
沢山いらっしゃると思うので、
むしろ男性であることを強みに変えて、
活躍してもらいたいです。


ちなみに、私が体験したハワイのロミロミという            オイルトリートメントは、
肘を使ってしっかり圧をかけて行うのですが、
男性セラピストが行うロミロミはとても
気持ちよくて、すんごく心地よかったです。


確かに男性という事で最初の入り口(集客)は
大変で険しい道ではあるでしょう。

ですが一度気持ちよさを知れば、
リピートになってくれる確率は高いと思います。


もしくは、

鍼灸+アロマ

カイロ+アロマ

などボディワークにプラスしたり、


介護+アロマ

医療+アロマ

リハビリ+アロマ

など、既に手に職をつけている場合は
+αの強みとしてアロマセラピーの勉強を
するのもいいかと思います。


アロマセラピーは女性的なイメージが強いですが、
ストレス社会で戦っているのは男性も同じです。

その点男性セラピストだと男性の方が気持ちがわかるので、      良いサービスが提供できるかもしれないですしね。


女性セラピストの方が癒されるし安心、
なんて決めつけて諦めるのは、つまらない話。

 


アロマセラピーが好き!

と、声を大にして言える男性がもっと増えて、
どんどん広まれば嬉しいなと思いますし、
真剣にアロマセラピーと向かい合っている
男性アロマセラピストの地位向上を願っています。

 

 

ランキングに参加しています。↓お帰りついでにぽちっとお願いします^^


アロマセラピスト ブログランキングへ